HOME > PETボトルQ&A > Section5 リサイクル手法

印刷する

Section5 リサイクル手法

Section5 リサイクル手法
Q5-1

マテリアルリサイクルとはどんな方法をいうのですか?

A:

使用済みの製品を粉砕・洗浄などの処理をして、新たな製品の原料とすることをマテリアルリサイクルといいます。PETボトルのマテリアルリサイクルでは使用済みPETボトルから再生フレークや再生ペレットを製造します。再生フレークや再生ペレットは繊維、シート、成形品などの再利用品の原料として利用されます。
マテリアルリサイクルの特徴は、処理コストを比較的小さく抑えられることです。

詳細は もっと詳しく知る>マテリアルリサイクル 参照
Q&Aリストへ
Q5-2

再生PETフレークとはどんなものですか?

A:

PETボトルのリサイクルは、ボトルを直接溶かして再利用するのではなく、一旦、再生原料となる小片(再生フレーク)を作った上で、様々な再利用品に利用する方法を採用しています。
再生フレークはPETボトルを8mm角(カク)位の小片に粉砕し、よく洗って乾かしたものです。具体的には、異物除去→粉砕→洗浄→乾燥→梱包の工程を経て製造され、再利用品の原料となります。

詳細は もっと詳しく知る>マテリアルリサイクル 参照
Q&Aリストへ
Q5-3

フレークとペレットの違いは何?

A:

フレーク

PETボトルを8mm角(カク)位の小片に粉砕し、よく洗って乾かしたものです。
作業服、卵パックや成形品の原料として使用されます。
フレークは薄片という意味です。

ペレット

フレークを一度溶かして小さな粒状に加工したものです。
運搬・貯蔵が容易になり、主に繊維にする時に使われます。
繊維等に加工するときの取り扱いが容易になります。
ペレットは小さな弾丸(丸薬)という意味です

フレーク ペレット

フレーク

ペレット

Q&Aリストへ
Q5-4

PETボトルの再商品化工場はどれくらいあるのですか?

A:

2014年度前半期の指定法人(公益財団法人日本容器包装リサイクル協議会)登録の再商品化事業者は60社66施設です。

詳細は もっと詳しく知る>再商品化施設(リサイクル工場) 参照
Q&Aリストへ

ページの先頭へ