HOME > PETボトルQ&A > Section13 さまざまなPETボトルとリサイクルの取組

印刷する

Section13 さまざまなPETボトルとリサイクルの取組

Section13 さまざまなPETボトルとリサイクルの取組
Q13-1

他素材との積層やブレンドされたボトルはリサイクルに支障はないのでしょうか?

A:

自主設計ガイドラインの中に、ボトルの材料が再生材料としての適性を備えているかどうかを判断するための「材料評価基準」が定められています。この基準は、基礎物性評価法及び用途別(繊維用途、ボトル用途、シート用途)の再利用適性評価法から成り立っており、これに沿って評価されたものが商品化されています。
同様に「ラベル・印刷、キャップ」についても評価基準が定められています。

詳細は 法律・ガイドライン>PETボトル自主設計ガイドライン 参照
Q&Aリストへ
Q13-2

ホット対応ボトルとは何?リサイクルに支障はありませんか?

A:

ホット対応ボトルは温かい飲料をPETボトルのまま美味しく提供するために開発されたボトルで、加温状態で保存しても、酸化などにより中身の風味が損なわれることのない機能が付与されています。
現在販売されているものには、PETボトルとナイロンの多層ボトル、PETボトルの内面を無機物(カーボン)蒸着したボトル等があります。
通常のPETボトルとの見分けを容易にするため、キャップの色をオレンジまたは黄色にして差別化しています。
リサイクル適性については、自主設計ガイドラインの材料評価基準に従って事前に確認しており、リサイクルに特に支障はありません。

PETボトルの用途の概要は 基礎知識>たくさんの用途と種類 参照 参照
材料評価基準については 法律・ガイドライン>PETボトル自主設計ガイドライン 参照
Q&Aリストへ
Q13-3

着色PETボトルはリサイクルに支障があると聞いています、対応は?

A:

着色PETボトルはリサイクルを行う際に、再利用品の品質低下を招くので、自主設計ガイドラインに、指定PETボトルは「着色はしない(結晶化による白色は除く)」と定めています。従って、現在、着色ボトルの国内生産は行っておりません。
海外で生産された輸入商品については一部着色PETボトルが見られます。当推進協議会では、輸入元を通じて、海外で生産される日本向け商品の着色PETボトルについて、無着色への仕様変更をお願いし、無着色への変更にご協力頂いています。残る着色ボトルにつきましても、引き続き、協力要請を行ってまいります。

着色ボトルの調査と無色化への取り組みは 3Rの取り組み>リサイクルの進捗>3.第一次3R推進自主行動計画におけるリサイクルの取り組み(2006年~2010年) 参照
Q&Aリストへ
Q13-4

ちょうちん形PETボトルはどのように分別排出すればいいのですか?

A:

PETボトルのリサイクルは分別収集・選別・減容化・再生工場への搬送・再商品化など様々な工程があり、家庭からのPETボトルの出し方のルールについても、後の各工程に支障のない様に配慮し、定められています。ちょうちん形PETボトルについても、通常のPETボトルと同様、ご家庭からの分別排出時には、ちょうちん状(縦方向)ではなく、するめ状(横方向)に押しつぶして分別排出して頂く様お願いします。

詳細は もっと詳しく知る>分別排出のルール(消費者) 参照
Q&Aリストへ
Q13-5

PETボトルの陽圧充填とはとはどのような方式なのですか?

A:

窒素ガス充填により、容器内部を1気圧を超える陽圧とすることで容器の剛性を増す方式です。物流に必要な強度を増し、ボトルの軽量化を達成します。キャップを開ければ通常気圧に戻るので、消費者が飲んだり、PETボトルのリサイクルすることへの支障はありません。一部のスポーツドリンク用PETボトルで採用されています。

Q&Aリストへ
Q13-6

植物由来のPETボトルとはどのようなものですか、リサイクル適性は?

A:

植物由来のポリエチレンテレフタレート(PET)が開発され、実用化されています。植物由来のPET樹脂も従来の石油由来のPET樹脂も同じ分子構造、同じ性質を有するため、PETボトルについても同じものとなります。
従って、石油由来のPETボトルと同様にリサイクルは可能であり、特別な取り扱いも必要ありません。

Q&Aリストへ

ページの先頭へ