専門用語・業界用語説明

<カ行>

カスケードリサイクル

元の製品と異なる用途へのリサイクル。

<サ行>

3R推進団体連絡会

容器包装8素材「アルミ缶、スチール缶、PETボトル、紙製容器包装、飲料用紙パック、ガラスびん、プラスチック製容器包装、段ボール」に関連する事業者団体で構成している。前回の容器包装リサイクル法見直しの際、2005年12月に設立され、自主行動計画を策定し、推進している。

再商品化(再資源化)

使用済みPETボトルを粉砕・洗浄し、フレーク、ペレットまたはポリエステル原料の再生材料に加工すること。

財務省貿易統計

財務省による通関統計で2006年からPETくずの輸出量が把握されるようになり、2015年1月よりボトル由来のフレーク状PETくずが新設された。

再利用品

再商品化されたフレークまたはペレットから、シートや衣服などに再利用された最終製品。

事業系回収

家庭から排出され自治体が回収したPETボトル以外の回収(自販機や販売店などから排出された使用済みPETボトルを産廃事業者が回収すること)。

自主設計ガイドライン

リサイクルし易いPETボトルを作るための業界で自主的に定めた設計基準。

指定PETボトル

国は使用済みPETボトル単独のリサイクルに支障のない内容物を充填したPETボトルを「指定PETボトル」として指定し、PETボトルの識別表示マークの表示を義務付けている。

画像:指定PETボトルマーク

指定法人

<ナ行>の公益財団法人日本容器包装リサイクル協会をご参照ください。

指定法人引き渡し量

全国の市町村および一部事務組合から指定法人(容リ協)へ引渡される指定PETボトルの量。

指定法人落札単価

事業者が指定法人(容リ協)より指定PETボトルを受領するために、入札・落札した結果の加重平均単価。

食品安全委員会

国民の健康確保のため、科学的知見に基づき客観的かつ中立公平にリスク評価を行う、内閣府に設置された機関。

水平リサイクル

元の製品と同じ用途へのリサイクル。

<タ行>

耐圧ボトル(耐圧PETボトル)

炭酸ガス入り飲料用PETボトル。中味の炭酸ガスによる内圧力に耐えられるように容器設計されている。

耐熱ボトル(耐熱PETボトル)

高熱殺菌で、90℃位まで耐えられるようになっているPETボトル。耐熱型は口部が結晶化により白色になっている。

独自処理

自治体が収集した使用済みPETボトルを(公財)日本容器包装リサイクル協会へ引き渡さず、独自に回収業者などへ売却し処理すること。

特定事業者

容器包装リサイクル法の中で再商品化義務を負う事業者(容器包装利用事業者、容器製造事業者)。

特定調味料

2008年4月1日からPETボトルのしょうゆカテゴリーが特定調味料に拡大し、しょうゆ加工品、みりん風調味料、食酢・調味酢、ノンオイルドレッシングなどが指定品目に追加された。

<ナ行>

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会

容器包装リサイクル法に基づく指定法人として、特定事業者等の委託にもとづき、市町村から引き渡される分別基準適合物の再商品化を行い、あわせて、再商品化事業に関する普及啓発および情報の収集・提供などを行う機関。

<ハ行>

フレーク

使用済みPETボトルを約8mm四方の小片に破砕・洗浄し、加工したもの。

ペレット

フレークを加熱融解して粒状に加工したもの。

ベール

使用済みPETボトルを圧縮梱包したもの。

PETくず

財務省の貿易統計で使用される分類項目で、使用済みPETボトルおよび繊維、フィルムやシートなどのくずを含んだもの。

ボトルtoボトル

使用済みPETボトルをケミカルリサイクルまたはメカニカルリサイクルによりPETボトルの原料に戻し、再び飲料用PETボトルなどに成形して再利用すること。

<マ行>

マテリアルリサイクル

使用済みPETボトルを破砕・洗浄し、フレークやペレットの再生材料に加工して、シート、繊維、成形品などに再利用すること。

無菌ボトル(無菌PETボトル)

無菌環境下で飲料が常温充填されるPETボトル。

<ヤ行>

有償

排出された使用済みPETボトルが有価で取り引きされること。
(対比用語:逆有償)

有償分拠出金

市町村が分別収集した使用済みPETボトルを(公財)日本容器包装リサイクル協会が再商品化事業者に有償で売却し、その金額が市町村に拠出される。

<ラ行>

ライフサイクルアセスメント(LCA)

製品やサービスに対する環境影響評価の一手法。
製品については決定されたシステム境界内の製品のライフサイクルにおける物質やエネルギーの投入と放出を分析し、炭酸ガスなど目的とする環境負荷対象を数値化し、評価する。

リサイクル量

使用済みPETボトルが回収され、再資源化された量(フレーク、ペレットなど)。

TOP