9.資料編

樹脂の動向

表5. ボトル用PET樹脂需要実績推移

(単位:トン)

表:表5. ボトル用PET樹脂需要実績推移

拡大

HOME > 統計データ > ボトル用樹脂需要動向

図14 PET樹脂のマテリアルフロー

(単位:千トン)

図:図14. PET樹脂のマテリアルフロー

端数処理のため、数値が合わない場合があります。

拡大

(出所)

樹脂国内生産:経済産業省化学工業統計月報

樹脂輸出入:財務省貿易統計

繊維:経済産業省化学繊維統計月報

ボトル:PETボトル協議会

フィルム:PETボトルリサイクル推進協議会による推定値

シート:PETトレイ協議会

分別収集量:環境省

指定法人引き渡し量:公益財団法人日本容器包装リサイクル協会

ボトル国内製品、輸入製品、事業系回収量、国内再生樹脂:PETボトルリサイクル推進協議会

使用済みPETボトル輸出量:PETボトルリサイクル推進協議会による推定値

リサイクル概況

表6 指定PETボトルリサイクル概況

(単位:千トン)

表:表6. 指定PETボトルリサイクル概況

拡大

(出所)

樹脂生産量:PETボトル協議会資料(暦年実績)

市町村分別収集量・分別市町村数:環境省速報値

PETくず輸出量:財務省貿易統計「フレーク状のPETくず」と
日本環境衛生センター集計「PETスクラップ」量の集計値

回収率:分母は、1997は樹脂生産量、2005年〜2009年は「指定PETボトル販売量」を使用。分子は、「市町村分別収集量(環境省)」と「事業系回収量」または「事業系ボトル回収量」の合計

目標指標を「リサイクル率」とした2010年以降は、分母に「指定PETボトル販売量」を使用し、分子には「リサイクル量」を使用

HOME > 統計データ > 指定PETボトルリサイクル概況

PETボトル再商品化施設

表7 公益財団法人日本容器包装リサイクル協会「平成29年度 登録再生処理事業者」

画像:表7. 公益財団法人日本容器包装リサイクル協会「平成29年度 登録再生処理事業者」

拡大

※上期のみ登録

PETボトルとリサイクルの歴史

表8 PETボトル年表

画像:表8. PETボトル年表

拡大

TOP