3.3R推進自主行動計画

容器包装リサイクル法に積極的に対応

事業者による3R推進に向けた行動計画

 推進協議会による3R推進のための第3次自主行動計画の実施状況を下表に示します。なお、数値目標に関しては、2020年度を目標年度とし、基準年度は2004年度としています。

3R推進団体連絡会としての
主体間の連携に資するための行動計画

詳しくは「推進協議会の取り組み」のP15をご参照ください。

表1 推進協議会の3R推進のための第3次自主行動計画の実施状況(2016年度)

3R

目標

進捗状況

Reduce
リデュース
(軽量化・薄肉化など)

新たな技術開発などを行い、主な容器サイズ・用途に個別の目標を定め、指定PETボトル全体で25%の軽量化(2004年度比)を目指す。

  • 2016年度のボトル重量調査を、推進協議会を構成する5団体に行った結果、2004年度に比べ、主要な容器サイズ・用途計17種すべてで2〜35%の軽量化が進み、4種で目標を達成した。
     削減効果量は2016年度で175千トン、全体での軽量化率は23.0%と対前年比1.7ポイント伸長した。

Reuse
リユース

調査・研究の支援を行う。

  • P5参照

Recycle
リサイクル

リサイクル率85%以上を維持
(リサイクル率は回収・再資源化率を意味します)

  • リサイクル率83.9%にとどまった。
  • 国内では279千トン、海外では221千トン、合計596千トンがリサイクルされ新たな製品に生まれ変わった。

リサイクル容易性の向上

  • キャップ、ラベルをできるだけ取り外し、簡易洗浄して分別排出することをホームページや広報誌などで自治体ならびに消費者へ広く啓発活動を行った。
  • 店舗販売されるボトルの自主設計ガイドライン適合性調査を実施し、不適合ボトルの改善依頼を輸入、販売会社へ要請し、2016年度は、4件の回答を得た。

マテリアルフローの精度向上の調査・研究

  • 事業系回収量の捕捉精度向上を目指し、再商品化事業者、輸出業者など、新たに150社を上乗せし、514社からアンケート回答を得た。事業系回収量366千トン、リサイクル量231千トンを確認した。
  • 使用済みPETボトルの輸出量は、財務省貿易統計値と(一財)日本環境衛生センターの調査から264千トンを確認した。

上記以外の主要な取り組み

基盤整備

  • 2017年4月より開催されている「ペットボトルリサイクルの在り方検討会」に推進協議会会長、専務理事が委員として参画している。

広報活動の推進

  • 年次報告書2016を作成し、11月24日に記者発表を行い多数の新聞などに掲載され、高い関心と評価を受けた。
  • 広報誌「RING」は「第3次自主行動計画」をテーマにVol.34を発刊した。
  • 啓発ビデオ「クイズで学ぼう!!PETボトルリサイクル」 を制作した。
  • 「エコプロ2016」に出展し、情報提供および啓発活動を行った。
  • 市町村や各種展示会へ啓発ツールの提供などを行った(116件)。

主体間連携活動

  • 3R推進団体連絡会の一員として共同事業を実施した。
    容器包装3R推進フォーラムを荒川区日暮里、3R連携市民セミナーを東京都、千葉市、福岡市、長崎市で開催した。
  • プラスチック容器包装リサイクル推進協議会の「PETボトル・プラスチック容器包装リサイクル市民・自治体・事業者の意見交換会」に参加し、豊中市、新潟市で意見交換した。

国内外リサイクル技術に関する調査および情報発信

  • LCA手法によるリサイクル効果を年次報告書2016で公表した。

TOP