CONTENTS

PETボトルリサイクル年次報告書2017

1.

2016年度トピックス

2.

推進協議会 事業計画

3.

3R推進自主行動計画

4.

Reduce(リデュース)

5.

Reuse(リユース)

6.

Recycle(リサイクル)

7.

推進協議会の取り組み

8.

事業者の取り組み

9.

資料編

第三者意見

専門用語・業界用語説明

年次報告書2017編集にあたって

 PETボトルリサイクル推進協議会(以下、推進協議会)はもっと皆さまにPETボトルについて知っていただきたい、そしてPETボトルのリサイクルをもっともっと進めていきたい、という考えのもとに、1993年に設立された任意団体で、PETボトルを利用する中身メーカー4団体と、容器及び樹脂メーカーの団体であるPETボトル協議会の計5団体によって運営されています。
 この年次報告書は2001年以来、毎年発刊しており、3R(リデュース、リユース、リサイクル)について3R推進自主行動計画にそって業界をあげて真摯に取り組んでいる状況や、その成果などを多くの皆さまに知っていただくことを目的としています。
 今年度の報告書は第3次自主行動計画(2016年度~2020年度)の実績と2016年度の推進協議会の取り組みを中心にご報告いたします。
 また、昨年に引き続きリサイクル効果を2015年度のデータを基にライフサイクルアセスメントの手法を用いて評価し、その結果を定量的に示しました。

 私たちの生活になくてはならない容器として浸透しているPETボトル。
 そのPETボトルのリサイクルの必要性や循環型社会の大切さ、リサイクルの流れなどを知っていただくために啓発動画も新たに作成いたしました。
 推進協議会のホームページ上より視聴いただけますので、合わせてご活用願えれば幸いです。

PETボトルリサイクル推進協議会について

設立

1993(平成5)年6月22日

会長

森 泰治

主な活動

3R推進活動

  • 1.3R推進自主行動計画の実施とフォローアップ
  • 2.使用済みPETボトルのリサイクル推進
  • 3.PETボトルに係る正しい知識および情報の提供活動
  • 4.市町村分別収集への協力

事業所所在地

東京都中央区日本橋小伝馬町7-16 ニッケイビル2階
TEL:03-3662-7591 FAX:03-5623-2885

画像:森 泰治 会長

森 泰治 会長

画像:PETボトルリサイクル推進協議会

TOP