5.Recycle(リサイクル)

(2)国内向け再生PET樹脂利用量226千トンまで調査

ボトルtoボトル(BtoB)リサイクルは伸長

 2015年度調査では、PETボトル(BtoBによる指定PETボトル)への利用が37.2千トンと、対前年で3.6千トンの利用量増となりました。
 BtoB向けメカニカルリサイクル設備の増設が報告されていることもあり、循環型リサイクルであるBtoBの今後の伸長が見込まれます。

国内での具体的製品別 再生PET樹脂利用量を調査

 PETボトルが、国内で具体的に何にどれだけ利用されているかを2008年度より継続して調査しています。各用途別の利用量を、PETボトル(BtoB)、シート、繊維、成形品、その他の製品形態群でくくり、2015年度の利用量を2014年度とともに表4に示しました。
 PETボトル(BtoB)の利用量は上述のとおりで対前年比で10.7%の伸び、シートの利用量はメカニカルリサイクル設備の稼働に由来すると推察される食品用トレイの増加とブリスターパックの倍増が顕著で、対前年で14.6千トンの利用量増、16.2%の伸びで104.7千トンと100千トンの大台を超える値となりました。
 繊維の利用量は78.5千トンと対前年で数量減となりましたが、引き続きPETボトル、シートとともに再生PET樹脂の主要な用途となっています。

表4. 2015年度具体的製品例と利用量(調査結果)

(単位:千トン)

表4. 2015年度具体的製品例と利用量(調査結果)

※ 端数処理のため、数値が合わない場合があります。

図10. 2015年度使用済みPETボトルの回収/再商品化の流れ

図:図10 2015年度使用済みPETボトルの回収/再商品化の流れ

拡大

PETボトルリサイクル推進協議会 調べ

※ 国内利用推定量261.7千トンに対し、用途別利用調査量は226.3千トンでカバー率は86.4%です。

※ 端数処理のため、数値が合わない場合があります。

TOP