HOME > もっと詳しく知る > 会員企業訪問

印刷する

会員企業訪問

ここに紹介する企業は、PETボトルリサイクル推進協議会 広報誌「RING」の取材先です

掲載企業リスト

直近取材企業new

カゴメ株式会社 富士見工場

カゴメ株式会社 富士見工場

画像

 トマト加工食品のリーディングカンパニーとして知られる、カゴメ株式会社。明治末期よりトマトをはじめとする西洋野菜の栽培・加工に着手し、1933年には日本初のトマトジュースを発売。その味は日本の家庭で広く愛され、現在も野菜・果実を使った飲料や調味料などで、高い国内シェアを誇っています。
 自然の恵みを活かした商品づくりを続けてきた企業として、自然に感謝し、環境に配慮した事業活動を行っている同社。「人・社会・地球環境の健康長寿に貢献する」ことをサステナビリティのテーマに掲げて、3R活動にも取り組んでいます。

PETボトル製品の展開と軽量化の取り組み

工場内の製造ラインを見学するスペース

工場内の製造ラインを見学するスペース

 当初、飲料の容器は缶・びんのみでしたが、1980年代に低果汁飲料の容器としてPETボトルを採用しました。90年代には、現在もカゴメの主力商品のひとつである、野菜果実ミックスタイプ飲料「野菜生活」が登場。PETボトルもラインナップされ、取り扱いが増えてきました。現在はトマトジュースや野菜ジュース、乳酸菌飲料などでPETボトルを使用しています。
 ETボトルの利点は、透明で、中身のジュースの鮮やかな色が見えること。そして、リキャップできることです。飲みきりサイズの小容量PETボトル入り製品もありますが、メインは大容量タイプ。「家族みんなで飲める」のが、PETボトル入り製品の特長です。
 PETボトルにおいてひとつの大きなテーマとなるのが、軽量化です。軽くすることで使用する樹脂量も輸送のコストも削減できるため、同社でも容器メーカーと協力して取り組みを進めてきました。もともと900mlサイズだった大容量タイプのPETボトルは、改良を繰り返し、4~5年の間に10gの軽量化を達成。2014年の容量変更時に採用した720mlタイプのPETボトル(スマートPET)は、最初から軽量化を踏まえて設計し、現在までそのまま使用しています。

63分別でゼロエミッション達成
14年継続

 1968年に完成した富士見工場は、国内にあるカゴメの6工場のうち、2番目に大きい工場です。紙パック10ラインとPETボトル1ラインで、1日あたり約270万本、年間約5億本のジュースを製造しています。ソースの元となる醸熟液や、野菜濃縮液の製造も行っています。
 2001年にISO14001認定を取得し、従業員への環境教育、ごみの分別・節水・節電・食品ロスの削減などに取り組んできました。2014年度には、「3R推進功労者等表彰」(主催:リデュース・リユース・リサイクル推進協議会)の農林水産大臣賞を受賞しています。
 カゴメでは、自社基準に基づき、生産余剰物の99%以上を再資源化することをゼロエミッションと定義しています。富士見工場では2003年以降、ゼロエミッションの達成を継続しています。
  工場で出る不要物は、主に原料の容器や、製品検査で発生するPETボトルや紙パック、植物性残渣(野菜の絞りかす)など。その再資源化のため、63種類に細かく分別すること、汚れはできるだけきれいに洗浄することを、全従業員で徹底しています。
 分別した不要物は、工場の敷地内にあるリサイクルセンター(総合環境センター)に運ばれます。ここには専任の職員が常駐しており、破砕・圧縮による減容化、保管を行っています。その後は「廃棄物」「有価物」「業者返却物」の区分に応じて処理され、リユースもしくはリサイクルへ。PETボトルの場合は、リサイクルセンターで破砕処理まで行いフレークの状態で有価物として売却、その後は再生工場でリサイクルされています。
 他の工場でも同様の取り組みを行っていて、各工場の環境に関するデータはネットワーク上で情報共有しています。

環境への取り組み
その思いをお客様にも伝えていくこと

 富士見工場を訪れる見学者は、地域の小中学校の社会科見学をはじめ、年間約6,800人。案内の際には、製品の製造工程のみでなく、工場における環境への取り組みについても紹介しています。「63分別について説明すると、“ごみってそんなに分けられるの?”という反応もいただきます」と牛島氏。
 「自分たちの製品のパッケージがポイ捨てされているのを見かけたら、やっぱり嫌ですよね。ですから、お客様に“私たちはこういう思いを持ってやっています”と伝えていくことが大事だと思っています」。

前左より小池さん、牛島さん、武田さん 後列、RING編集委員

前左より小池さん、牛島さん、武田さん
後列、RING編集委員

カゴメ株式会社 富士見工場 生産管理課 課長 牛島 英貴
同課 総務グループ 小池 義則
製造課 生産技術係 武田 康嗣

カゴメ株式会社

本 社:愛知県名古屋市
設 立:1949年(創業1899年)
従業員:2,621名(連結)[2016年12月時点]

富士見工場
長野県諏訪郡富士見町富士見2150
TEL. 0266-62-3111

ページの先頭へ