HOME > 統計データ > PETボトルの軽量化

印刷する

PETボトルの軽量化

第3次自主行動計画(2016~2020年度の5年間)

■ 2016年度 指定PETボトルの軽量化率は23.0%

推進協議会では、3R推進団体連絡会の一員として、第3次PETボトルのリデュース目標「指定PETボトル全体で20%(2004年度比)軽量化」を設定しましが、その後20%から25%へ上方修正してさらなる軽量化を目指します。 その結果、2016年度は全体で23.0%の軽量化を達成しました。

軽量化率算出方法

2016年度指定PETボトル・主要17種軽量化実績

図1に指定PETボトル・主要17種の2020年度軽量化目標値と2016年度の実績を示しました。
第3次自主行動計画1年目の2016年度実績では、対象容器の主要17種のうち4種で2020年度軽量化目標値を達成しました(清涼飲料の耐熱1,500ml・2,000ml、無菌500ml、酒類4,000ml)。
今後も、さらなる軽量化に向けて努力を続けていきます。

図1. 指定PETボトル・主要17種の軽量化目標と実績(2016年度)

指定PETボトル・主要17種の軽量化目標と実績(2016年度)

拡大

PETボトルリサイクル推進協議会 調べ
※しょうゆ加工品の容器基準重量は、2008年重量とした。(第2次自主行動計画で軽量化目標値を設定)

軽量化事例

軽量化事例

環境負荷増大の抑制

図2に、清涼飲料用PETボトルの出荷本数と、その原油採掘からボトル製造・供給に至る環境負荷の指標としてのCO2排出量を経年で示しました。
PETボトルは、需要の伸びにともない出荷本数を増加させてきましたが、3R推進のための自主行動計画を定めて取り組みを開始した2004年度以降は、出荷本数の増大に比べCO2排出量の増大が抑制されているといえます(表2)。
これは、ボトルの軽量化を始め、省資源・省エネルギーの取り組みの効果が表れたものと考えます。

表2. 2016年度と基準年度(2004年度)との負荷比較
2016年度と基準年度(2004年度)との負荷比較

図2. 清涼飲料用PETボトルの出荷本数と、その環境負荷(CO2排出量)の推移
清涼飲料用PETボトルの出荷本数と、その環境負荷(CO2排出量)の推移

拡大

PETボトルリサイクル推進協議会 調べ

ページの先頭へ