HOME > 基礎知識 > PETボトルって何?

印刷する

PETボトルってなに?

PETボトルってなに?

PETボトルは例えばよく知られているプラスチックと同じ原料からつくられているのです。 「プラスチック」の代表選手は、ポリエチレン、ポリプロピレン、プラモデルなどに使われるポリスチレン、繊維に使われるナイロン、ポリエステルなど。このうち、PETボトルはポリエステル(ポリエチレンテレフタレート)からつくられます。ですから素材的には、ワイシャツやブラウスなどの繊維や食品包装フィルムと兄弟にあたるわけです。

PETボトルの原料は、石油からつくられるポリエチレンテレフタレートと呼ばれる樹脂です。英語でPOLY ETHYLENE TEREPHTHALATEと書くため、その頭文字をとって「PET(ペット)」と呼んでいるのです。

ポリエチレンテレフタレートを英語で


少し難しい話になりますが、このポリエチレンテレフタレートは、石油からつくられるテレフタル酸とエチレングリコールを原料にして、高温・高真空下で化学反応させてつくられる樹脂のひとつです。この樹脂を溶かして糸にしたものが繊維、フィルムにしたものが食品包装フィルム、ふくらませたものがPETボトルというわけなのです。PETボトルは繊維や包装材と素材的に兄弟と言われるのはこれが理由です。

PETボトルの原料

ページの先頭へ