HOME > 基礎知識 > 3Rは循環型社会のキーワード

印刷する

3Rは循環型社会をつくるキーワード

3Rは循環型社会をつくるキーワード

私たちが住む地球環境を守っていくためには、ものを繰り返し活用することで、資源を節約し、環境への影響をできるだけ小さくする社会を、家庭や市町村、会社などが協力してつくっていかなくてはなりません。
ごみが資源へと生まれ変わり繰り返し利用され、「輪」のようにまわっていく社会を「循環型社会」と言います。

循環型社会を実現するためには、それぞれの立場で「Reduce」「Reuse」「Recycle」を努力する必要があり、3つの言葉の頭文字をとって「3R(スリーアール)」と呼んでいます。
Reduce Reuse Recycle
1
PETボトルの軽量化
2004年度を基準とし、2010年度までに目標の3%の軽量化を達成しました。以後、2015年度までに15%の軽量化を目標に取り組んでいます。
2004年度比10%軽量化
2
回収率・リサイクル率の向上
2004年度を基準年度とし、2010年度までに回収率75%以上を達成しました。以後、2015年度までリサイクル率85%以上の維持を目標にしています。
世界最高水準をキープ
3
リサイクル製品の充実
PETボトルを再生したフレーク、ペレットは繊維、シート、成形品などの分野で、さまざまな高品質な製品に生まれ変わります。
PETボトルリサイクル識別表示マーク
4
着色ボトルの禁止
当協議会では、自主設計ガイドラインを策定し、リサイクル製品の品質に悪影響を及ぼす着色PETボトルの国内での製造や利用を行わないよう、取り決めました。
着色したものはダメ
5
ミシン目入りラベルの普及促進
分別排出を容易にするためラベルが剥がしやすいよう、ミシン目入りラベルの普及に取り組んでいます。
ミシン目入りで剥がしやすいものが増えています
6
ボトルtoボトルの推進
ケミカルリサイクル法、メカニカルリサイクル法により再生したPET樹脂は、ナフサを原料とする未使用のPET樹脂と同じ用途に使用することができます。
PET原料にもどし再びPETボトルへ

ページの先頭へ