HOME > 基礎知識 > PETボトル再商品化の流れ

印刷する

PETボトル再商品化の流れ

PETボトル再商品化の流れ

  • 消費者
    使用済みPETボトルの識別表示を確認し、お住まいの市町村のルールにしたがって、指定PETボトルを分別排出します。

    分別排出は容器包装リサイクル法による消費者の役割です
  • 市町村
    消費者から排出されたPETボトルを分別収集し、中間処理(粗選別、ベール梱包)、保管を行います。

    分別収集は容器包装リサイクル法による市町村の役割です
  • 事業者
    中間処理を行った分別基準適合物を市町村から引き取り、フレークやペレットなどの再生PET原料を製造(再商品化)します。
    再商品化は容器包装リサイクル法による事業者の役割です
  • 再商品化製品利用事業者
    再商品化事業者が製造した再生フレークや再生ペレットを原料として、繊維製品、シート製品、成形品などのリサイクル製品を製造します。
    また、高度な処理により、飲料や特定調味料のPETボトル用樹脂に戻すこともあります。(この方式を「ボトルtoボトル」と言います)

ページの先頭へ