HOME > 3Rの取り組み > リデュースの進捗 > 5.第三次3R推進自主行動計画におけるリデュースの取り組み(2016年度~2020年度)

印刷する

リデュースの進捗

5.第三次3R推進自主行動計画におけるリデュースの取り組み(2016年~2020年)

●2020年度までの5年間の目標(2016年6月公表)

指定PETボトル全体で20%の軽量化を目指します。
これは、2004年度のボトル1本当たりの平均重量 33.3gから、2020年度は 24.4gを目指すことになります。
指定PETボトル全体での軽量化20%を達成するためには、主要用途別ボトル下記17種ごとに具体的な目標
値 (2020年/2004年) を設定し、軽量化を促進します。

軽量化目標

清涼飲料

酒類

特定調味料

3%軽量化

 

・酒類 4000ml
・みりん 1000ml

 

7%軽量化

・耐熱 500ml

 

・しょうゆ加工品※ 500ml

10%軽量化

・耐熱 300ml

 

 

11%軽量化

・耐熱 1500ml
・耐圧 1500ml

 

 

12%軽量化

 

 

・みりん 1800ml
・しょうゆ 1000ml
・しょうゆ加工品※ 1000ml

14%軽量化

・耐熱 2000ml

・酒類 2700ml

 

15%軽量化

 

 

・しょうゆ  500ml , 1800ml

22%軽量化

・無菌 500ml

 

 

27%軽量化

・耐圧 500ml

 

 

40%軽量化

・無菌 2000ml

 

 

※しょうゆ加工品2種の基準年度を2008年とする。

※PETボトルにおける3R推進のための第三次自主行動計画の詳細は 2016年度~20年度の5年間の計画(2016年6月策定)参照

ページの先頭へ