HOME > 3Rの取り組み > リデュースの進捗 > 1.はじめに(PETボトルのリデュースとは)

印刷する

リデュースの進捗

1.はじめに(PETボトルのリデュースとは)

 PETボトルはPET(ポリエチレンテレフタレート)を原料とするプラスチックボトルで、軽くて丈夫、食品衛生法等の規格に適合している、着色しなけば無色透明で中身が見える、製造技術が確立している、リキャップ性がある、燃やしても有害物質は発生しない、燃焼カロリーが低くマテリアルリサイクルに適している、リサイクルルートが整備されている等々、様々な優れた特長をもった容器と言えます。

 PETボトルはPETボトルとしてリサイクルされる指定表示製品の品目だけでも飲料(清涼飲料・酒類・乳飲料等)、特定調味料(しょうゆ、しょうゆ加工品、みりん風調味料、食酢・調味酢、ノンオイルドレッシング)等に使用され、それぞれ中味製品や流通条件に合わせたボトルを使用しています。一口にPETボトルと言っても、全てが同じということではありません。

■ PETボトルの種類

a.炭酸用PETボトル(内容物が炭酸飲料)
炭酸飲料から発生するガス圧によるボトルの変形を防止します

b.耐熱用PETボトル(高温充填に使用)
高温充填によるボトルネック(本体の口の部分)の変形を防止します。

c.ホット対応PETボトル(ホットドリンクに使用)
ホット飲料の味や香りを損なわないように配慮しています

d.一般的なボトル
通常上記a.b.c.を除く用途や目的に使用します
非炭酸飲料、常温充填、常温や冷蔵での使用に適します

 PETボトルの形状は胴部が丸形・角形のほか、注ぎ口(首部)が白色・透明、底部が平形・突起形に分けられ、内容物ごとに決められています。また、PETボトルの容量は、200mLや350mLといった小形のものから2Lをこえ最大5Lまでバリエーション豊富に揃っています。

■ PETボトルの形状

炭酸飲料用

丸形

注ぎ口(首部)透明
(白色もあります)

底部突起形

お茶・ジュース類用

丸形・角形

注ぎ口(首部)透明
(透明もあります)

底部平形

ミネラルウォーター類用

丸形・角形

注ぎ口(首部)透明
(白色もあります)

底部平形

酒類用

丸形・角形

注ぎ口(首部)透明

底部平形

しょうゆ用

丸形

注ぎ口(首部)透明

底部平形

乳飲料等用

丸形

注ぎ口(首部)透明

底部平形

※白い部分は胴部と同質のPET樹脂です。

 市場に流通する多くのPETボトルは既に一つひとつが、用途や条件に合わせて最適設計されています。
PETボトルでは清涼飲料分野でのリデュースの進展が目覚ましく、全体を牽引しています。しかしながら、清涼飲料分野以外のPETボトルについても同じレベルのリデュースが可能ということではありません。当推進協議会ではリデュースの量や率については、業種・中味・用途・容量などの条件別に整理・集計し、その上で、PETボトル全体としての削減量(率)を算出しています。

※2.3R推進自主行動計画策定以前のリデュースの取り組み(2005年度まで)はここをクリックしてください

※3.第一次3R推進自主行動計画(2006年度~2010年度)のリデュースの取り組みはここをクリックしてください

※4.第二次3R推進自主行動計画(2011年度~2015年度)のリデュースの取り組みはここをクリックしてください

ページの先頭へ